オンライン婚活サイト・結婚相談所

ネット婚活サイトの料金システムを解説!定額制?ポイント制?

結婚ができない人がよく言うセリフ「出会いがない」は最近現実になりつつあります。

最近ではインターネットが普及し、人とのコミュニケーションが直接的ではなく、インターネットを通じて間接的に取られていくことが常になってきています。

このような状況においては、婚活もインターネットを通じて行うことが求められるようになってきました。そうして普及しているのが『ネット婚活サイト』というわけです。

ネット婚活サイトは単なる出会い系サイトとは別物です。

もちろん、色々なサイトがあるので単案ル出会い系サイトと何ら変わりがないようなものもあります。しかし、出会い系サイトとネット婚活サイトの大きな違いは『目的』と『身元』ではないでしょうか。


婚活サイトの『目的』

ネット婚活サイトという名の通りあくまで目的は『婚活』です。

男女問わず、真剣なお付き合い、または早めに結婚することを目的にした人が多いです。目的がはっきりしている分、メッセージのやり取りがスムーズで、一気に距離を近づけることができます。

中途半端にお互いを気遣って、いざ結婚となると求める意見が大きく異なって破局する・・・こんなことも事前に防ぐことができます。

普通の出会い系サイトでは序盤に交わすことで「重い」と言われる内容でも、婚活サイトであれば、結婚生活を具体的に考えるが故に出る質問なので、そこに不自然さはありません。

婚活サイトの『身元確認』

出会い系サイトにとってアピールできることは『登録者数』と『出会えたという実績』です。しかし、ネット婚活サイトは『成婚実績』の一点に尽きます。

そのためには、直接会ったことのない男女が安全に出会うために、万が一のために個人の身元をしっかり特定しておく必要があります。

身元確認は自己申告で済ませるような中途半端なことはありません。

運転免許証や健康保険証など、公的機関で通じるものでのみ登録を受け付けるサイト、またはこのレベルで身元が確認できていることをプロフィールに表すようにしているサイトがあります。

もちろんそこまでしない登録チェックの緩いネット婚活サイトもありますが、大手サイトはほとんどが徹底した個人身元情報を特定しています。

ネットという利便性に甘えることなく、トラブルから利用者を守るために各サイト工夫を凝らしています。ここを緩めれば登録者数は増えるし、成婚者数も増えるのは当然のことですよね。

しかし、大切なことは「成婚者数」ではなく「成婚率」であること、そして何よりも利用者が安全に利用できることがネット婚活サイトの条件であると言えるでしょう。

婚活サイトの料金システムを解説!

婚活サイトの料金システムには、サイトごとにいろいろな設定がありますが、おおむねどのような体系になっているかまとめておきましょう。

婚活サイトは入会金があるの?

大手の婚活サイトでも、入会金があるタイプと無いタイプとに分かれます。

あくまでも全体的な傾向ですが、入会金があるタイプでは月額費用も比較的高めで、入会金が無いタイプでは月額費用もかなりリーズナブルに抑えられていることが多いようです。

それなら全体的に安いほうが良いに決まっている、と思うかもしれませんが、こうした部分の料金はすべてサービスに反映されていますので、全体的に高いほうがサービスのレベルは高く、会員一人ひとりに対する信頼性もかなり高くなります。

激安だからと言って利用したら、単なる相手検索しか出来ない上に悪徳商法のセールスばかり・・・というのでは意味がありませんよね。

ただ、高いお金を払いさえすれば良いお相手が見つかるというものでもないので、そこは一人ひとりの判断になります。

婚活サイトの料金システム

婚活サービスは『ネット婚活サイト』『結婚相談所』『婚活パーティー』の3分野に区分されますが、その中で最も費用が安いと言われるのが『ネット婚活サイト』です。

ここではネット婚活サイトの料金システムとその仕組みを詳しく見ていくことにしましょう。

ネット婚活サイトは徹底した人件費、設備費の削減によって、利用費の安さを実現しています。

その分、多くの入会者・登録者を獲得しなければ運営は厳しくなります。しかし、その広告費は同様に削減対象なので、主にWeb上での広告バナー程度になるでしょう。

定額制の婚活サイト

近年、大手の婚活サイトで多く採用されている料金システムは定額制です。

有料コースは1ヶ月や3ヶ月など、期間を区切って料金が設定されており、それぞれ月額を支払うことですべてのサービスの利用が可能となります。

登録から検索など限定した部分は無料で開放されていて、特定の情報を閲覧したり、相手にアプローチをしたりする段階で有料コースに移るパターンが多いようですね。

例えば、登録して他の会員を検索し、気になるお相手がいた場合に特定のアピールを始めるところで料金が発生するといったものです。

「いいね」のように意思表示を発するところまでは無料でも、相手にメールを送ってコミュニケーションを図る場合には有料になるといったパターンです。

サイトによって無料でどの程度やり取りが出来るかが違ったり、いいねなどの意思表示に使うポイントが個別に購入出来たりする場合もあります。

その他には、意思表示を送るところまでは無料で、相手からOKの意思表示が返って来た時に料金を支払うという方式もあります。

また、女性は完全無料という設定や、女性のほうが割安になっている設定、料金が発生するのは申し込んだ方だけで、申し込まれた方は無料という設定などもあります。

ポイント制のネット婚活サイト

入会・登録作業は定額制のネット婚活サイトと同じで、登録料は無料です。

登録はWeb上で個人情報を入力することで達成されます。厳しい身分証明書の提出はあまり強制されないところが多いようです。サイト内のコンテンツを利用するには前もってポイントを購入する必要があります。

利用にはあらかじめポイントを購入し、このポイントを消費しながらコンテンツを利用します。ポイントの購入は任意なので、何ポイントを購入するかも自由です。このポイントを使用しながらサイト内のコンテンツを利用していきます。

うまくいけば定額制よりも安く済むこともありますが、その場合はほとんどなく逆に言えばどんどんポイントを追加購入しなければならない状況に追い込まれることが多いです。

ポイントがなくなれば追加購入をすることで継続して利用することができるようになります。利用頻度や利用内容によって費用が異なってくるので思わぬ高額になってしまった・・・なんてこともあるので注意が必要です。

コンタクト料制のネット婚活サイト

入会・登録作業は上記2タイプと同じで、登録料は無料です。

登録も同様にWeb上で個人情報を入力することで達成されます。こちらも厳しい身分証明書の提出はあまり強制されていません。サイト内のコンテンツもすべて無料で利用できます。

サイト内のコンテンツ利用は基本的に無料で、相手のプロフィール閲覧、写真の投稿、メッセージ送受信(初回のみ)などを利用できます。

その後、本格的に特定の人物とやりとりをする場合に「コンタクト料/開通料」を支払ってその相手とメッセージのやり取りを行います。

ここで相手がOKをしてくれれば、最初に申し込んだ方が『コンタクト料』を支払います。これは1人につき約3,000円~5,000円が一般的です。

その後はコンタクトが認められた場合のみ、その相手と連絡を取り合うことができます。このやり取りの中で個人情報に関わることを相手に伝える必要はありません。

サイト内で相手があなたとのやり取りを好ましく思わなかったら、一方的にコンタクトを打ち切られる可能性があります。ここにはどちらがコンタクト料を負担したかという事実はまったく関係ありません。

期間が長いほど割安に

定額制では、おおむね1ヶ月のプランが月ごとの支払いで、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月のプランは一括購入の上、月割払いになる設定が多いようです。

期間が長ければ長いほど1ヶ月あたりの料金は割安になり、大きいところでは半額近くにまで割安になる場合もあります。

もちろん、早期決戦を予定している人は長期間の購入をする必要はありませんが、平均的に結婚相手が見つかるまでには3ヶ月程度かかっているようですから、1ヶ月の料金を3回支払うよりは、最初から3ヶ月を購入したほうがかなり割安になることは事実です。

入会金無し&定額制が主流

現段階では、大手婚活サイトは、入会金無しで月額の定額制を採用しているところが多いようです。

他にはメール1件につき料金が発生したり、お相手が見つかった時点(意思表示の交換が成立した時点)で定額が発生するコンタクト制の婚活サイトも少数ですがまだ残っているようです。

どちらかというと、利用すればした分だけ個別に料金が発生するタイプのほうが料金が高額になりやすいとは言われていますが、それはたくさんのお相手にアプローチをした場合であって、例えばお一人にだけ意思表示をして、それでうまくOKを貰えれば、かえって安く済む場合も有り得ます。

これは婚活スタイルにもよりますので何とも言えませんが、あまりにも料金体系だけに縛られるのも良くありませんから、まずは無料で使ってみて様子をみるのが一番ではないでしょうか。